現代で日常的に行われている結婚式の歴史とはどのような物なのでしょうか。少し調べてみようと思います。

昔と今の結婚とは

人生最大のイベント

一生に一度の大イベントの一つに「結婚式」というものがありますよね。
これは、特に女性にとっては人生最大のイベントの一つとなるため、男性より特に準備などに気合が入ってしまうなんていう話を聞きますよね。
では、今の結婚式の基となる昔の結婚式の歴史とはどのようなものなのでしょうか。
少し調べてみたいと思います。
調べてみたところ、なんと江戸時代にはお披露目会はあったようですが「結婚式」というものはなかったそうです。
結婚式というものは、明治時代の中頃に皇族が神前式という式を行いました。
これが現代伝わる結婚式の基だと言われています。
一方、この時まで結婚式というものが存在しなかった日本を見て「儀式の存在しない野蛮な国だ。
」と欧米から言われてしまったために、慌てて作った式だという説も存在しています。
しかし、この時日本人が「結婚式」の存在を知る事が出来たおかげで、現代の結婚式が存在するのです。
当時の事は、皇族の結婚の際に行われたことだという事もあるため新聞などに取り上げられ全国的に紹介されました。
それから全国的に神前式が広まったのです。
戦後には、式を自宅で行うことは少なくなり「公共の施設・広い会場」で行うようになったそうです。
主な会場は地域の公民館・集会所・旅館などでした。
花嫁さんの衣装ですが、今のようなドレスではなく「よそ行きのワンピース」で、広い会場を手配するための専門業者もこの頃から存在しました。
最初は全く結婚式の習慣がなかった日本人に結婚式が広まった裏には、このような出来事があったのですね。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 昔と今の結婚とは All Rights Reserved.